FC2ブログ

GIMP画像制作⑥ テキスト入力と変形

 6月29日(金)

先週作った画像をグラデーションツールを使い加工する

グラデーションツールを使うブログ用

●作業前に新しいレイヤーを作っておく

 1.グラデーションツールを選択

 2.グラデーションのカラーリンクを選択

 3.グラデーションの形を選択

 4.グラデーションの範囲をドラッグする

グラデーションの配色と形状には色々あるので試して見ると良い

 カラーリングAbstract2を選択した場合の色調         

 グラデーション 線状  グラデーション 放射状  

      形状:線形      形状:放射状

形状の種類や選択範囲によって画像表現は変わる

レイヤーモードの変更

レイヤーモードには標準~明度のモードがある

それぞれのモードを使って変更画像を楽しむ事が出来る

  モード標準(放射状)    モード 明度

         標準             明度

        モード 差の絶対値

           差の絶対値

 モードハードライト     乗算線形 モード

     ハードライト             乗算

 モードには 明るい変化、暗い変化、激しい変化等がある

 モードの選択で画像の雰囲気が随分変わる

 色々のモードで画像を変化させてみよう

  コラージュ・グラデーション・モード400

 作成した画像を グラデーションツールとレイヤーモードを

 使い変化を楽しんだ

 自宅での復習もグラデーションやレイヤーモードを自由に

 使いオリジナル作品にも挑戦してみよう

 テクスチャ素材を使う

 森田先生から素材の配信を受けダウンロードする

 今回は4個の素材を保存した

テクスチャ素材

 テクスチャ素材を使う400

  Water使用 

 テクスチャは色を変えたり複数のテクスチャを重ねて画像の変化を

 試してみると良い。

 授業は比較的時間的余裕があり質問も出来て良かった。

 

 オリジナル作品作成に向けて Photochipsサイトより

 画像のダウンロード方法の説明があった

 ダウンロードして保存、Zipファイルの場合は展開して使う

 素材のダウンドード

    Photochips 「お花の写真」より


  午後の復習の時間も充実していたと思う

 午後の教室風景

       午後の復習風景


 1学期の登校も余すところ4回、GIMPの授業も後二回です。

 梅雨も開け本格的な夏の到来、猛暑の毎日ですが暑さに負けず

 体調管理を十分行いながら 頑張りましょう。

スポンサーサイト



GIMP画像制作⑤ 画像に効果を付ける

先週作成した 花のコラージュを使って 画像を加工しました。
〇花の大きさを変え 色を変化させてみました。
コラージュ5
白いガーベラの花に 大少を付け 色も変化させてみました。
コラージュ1 コラージュ2
〇フィルター効果
ガーベラ切抜き1
白いガーベラを元に フィルター効果を楽しみました。フィルター効果には多くの機能がありますが その内 ぼかしの一端をご紹介します。
ガーベラタイル化可視ぼかしg ガーベラぼかしモーションぼかし
ガーベラモザイク処理 ガーベラ芸術的効果ガラスタイル
フィルター効果には 多くの機能と種類があり 行ってみなければ出来上がりが不明で 頭の痛い一日でした。



GIMP画像制作④(作品制作)

💮  写真からお花を切り取る練習をしました。

IMGP0386.jpg⇒ 白いガーベラ
左が写真の見本です。写真中央のガーベラの花だけ切り取る作業をしました。

IMGP1070.jpg ばら
同じように写真中央のバラの花を切り取る作業をしました。
コラージュ作品縮小3
レイヤーを使って縮小、前後左右重ねました。

風景授業

皆さん、作品制作の為、教えあいながら頑張っています。

学習としての社会参加活動 1回目 (準備活動)

 今日の授業は、すべての科目のカリキュラムに3回組まれている
「学習としての社会参加活動」の1回目でそれの準備活動です。
初めにCDより資料に則りシニアライフの過ごし方・健康長寿の為の
条件など興味ある話が有り、それに続き「社会への参加活動」の
準備として班単位で個々のボランティア活動への取り組み・情報の
意見交換を行いました。終了後各班のかたも話されていましたが
皆さん楽しみながら活動されていて、結局それが社会への参加に
なっているのであろうと思います。
 最後にクラス委員長からコーダイフェスタに付いて連絡事項があり、準備の段階としてはまだ緒についたところであり、詳細な事はこれから決まって行くと言うことです。
 11時から大阪城公園の一角に有る「ピースおおさか」へクラス全員で見学にゆきました。
館内は先の大戦の大阪空襲を中心に大阪の人々の戦争体験に加え戦前の大阪の姿などの資料が展示されており、戦争の悲惨さを忘れない為、又平和の尊さを再認識する為にも有意義な見学でした。
見学の後、昼食会等、班毎の行動となり終了しました。

IMG_0002.jpg 


IMG_0004.jpg 
                          入り口前で集合

IMG_0007.jpg 
           「太平洋戦争に至る過程」の映像を見学 

ピースおおさか4 
             「ピースおおさか」のホームページ       

次回の「社会参加活動」は7月13日大阪電気通信大学にてとなります。

GIMP画像制作③(レイヤーの応用)

◆ ドラえもん画像の作成
配信されたドラえもん画像をモデルに描画作成を学習しました。

画像をレイヤーとして開く

画像ウインドウに配信されたドラえもん画像をレイヤーとして開く

レイヤーとして開く

   レイヤーとして開いた画像

画像の編集

透明度を低くする

透明度を低くすると重ね書きがしやすくなる。

丸い図形を挿入 顔色の設定顔 白

  レイヤー1 ベースになるところ     レイヤー2 ドラえもんの顔

目鼻

レイヤー3 目 コピーして反転の方法もある   レイヤー4 

花の下の正中線を書く口

  レイヤー4 鼻の下の正中線   レイヤー5 口 図形の円形を入れて

   ツールの図形□を使う         不要部分を消しゴムで消す

髭髭の傾斜を描く

  レイヤー6  平行線を作り     髭の傾斜 回転ツールを使い

   レイヤーをコピー。          髭の角度を決める。

   コピーの移動が難しい

     
首輪を作り ドラえもんの画像出来上がり

森田先生配信ドラエモン画像400pixel

ポイント
  
*新しい画像毎にレイヤーを作成し名前を付けておく。

  *一行為は出来るだけ終了させておく。

    後で編集も良いけど面倒である。

  *編集前に必ず 選択・・・選択範囲をパスに。

          編集・・・操作項目確認、範囲を塗りつぶすのか

               パスの境界線を描画するのか確認。

  *コピーレイヤーで図形を移動させる時は必ず選択したものに確実に

    マウスポイントを当てて移動させる。

  *画像や線の消去には消しゴムを注意深く使う。

  *画像の編集を追加するときは必ず レイヤーを選択する。

  *保存 未完成品と完成品の保存方法が違う。(保存/エクスポート)

 

 ◆ 午後の復習時間
 P6010860.jpg

 GIMPイヨイヨ内容が充実してきたました。

 15時まで 復習に余念がありません。

 自宅でも復習をして学習範囲の理解を深めておきましょう。

 ご紹介: [GIMPの使い方] https://synclogue-navi.com/category/gimp

 比較的わかりやすく解説されています。参考にされても良いと思います。