FC2ブログ

Scratchプログラミング入門⑧

12月14日 金曜日   講師 森田 浩司 先生

  たこ焼きキャッチにゲームの説明画像を表示する

 説明画像はGIMPのテキストツールで作成

 PNG形式で保存してScratchに読み込む

  授業風景

 PC143323.jpg

前週の学習内容を振り返りながら 今回学習することの
説明がありました。

久しぶりに GIMP画面を開き 操作を思い出しながら

Scratch画面と同じ大きさの480✖360ピクセルの

新しいファイルを作成

 サイズ調整


    ゲームのあそび方の説明文

あそび方

    

 

  テキストツールを使い説明文を作成

  文字のサイズやフォント文字の色、
  文章の配置等はツールを選びツールオプションの

  機能を駆使して見栄えを整える

 あそび方 エクスポート保存  

  作成した文章はScratchに読み込み可能な

   「エキスポート」保存をする。

 あそび方
 たこ焼きキャッチに説明プログラムを追加する
 説明文がトップに表示するように、たこ焼きを追加した時と同じ方法で

 スプライトとしてアップロードする。

   

 説明文アップロード画面

    あそび方 アップロード画面 

 

説明文を画面の全面に表示できるように

「表示する」「前に出す」のブロックを組み込む

説明文を中央に配置させるために

動きの座標ブロックを使い「x座標とy座標を0」に設定する

プレイヤーが説明を読み終わりプレーぼたんをプッシュする

「スペースキーを押すまで待つ」と「隠す」のブロックを

 組み入れることによりスペースキーを実行後

 説明文のスプライトは消えプレー可能な画面が出てくる 

あそび方画像のスプライト        あそび方画像のプログラム

    

  ねこのプログラム

        ねこのプログラム

        

   たこ1のプログラム

       たこ1のプログラム

たこ2のプログラム  たこ3のプログラム  

   タコ2のプログラム         タコ3のプログラム

  たこ焼きのプログラム

           たこ焼きの プログラム

  ステージ時のプログラム

          ステージのプログラム

 以上、抑制+調べるブロック (抑制+調べる)を組み合せて

 ブロックを作成して全てのプログラムに追加します。

    

 10月の初めから8回に渡ってScratchプログラミングのソフトを使い

 プログラミングを学んできたが今回で最終回となりました。

 プログラミングは社会のあらゆる分野で活用、注目されつつあり

 高齢者にも人気の習い事だと マスコミも報道する時代になりました。

  シニアの社会進出の場も得られそうですね。

 2時限目は高大フェスタに出展する作品作りと

作成上の難題等 森田先生にアドバイスして頂きました。

  1月11日は 高大フェスタ出展の作品の最終チェックです。

3学期も元気で皆様にお逢い出来ることを楽しみにしています。

スポンサーサイト



Scratchプログラミング⑦

今回は 前回作成した「たこ焼きキャッチ」ゲームを発展させる勉強をしました。
1.ゲームの難易度を高めるため 妨害する「たこ」を追加する。
2.ハイスコア―を表示する。
3.音を追加する。 の3点でした。

〇妨害する「たこ」を追加(たこ2・たこ3)
たこ焼き1
それぞれの 動きを変えている
たこ焼き2

〇ハイスコア―の表示する。
たこ焼き3
ハイスコア―の表示と同時に たこ焼きをキャッチした時 擬音を鳴らす。同時のプログラムを行った。

〇ゲームの最中に音楽を流す。
たこ焼き4

今回の授業は難解ででした。
ゲームを行って見ると 直ぐ「たこ」に捕まり なかなかスコアーが伸びませんでした。