FC2ブログ

GIMP画像制作③(レイヤーの応用)

◆ ドラえもん画像の作成
配信されたドラえもん画像をモデルに描画作成を学習しました。

画像をレイヤーとして開く

画像ウインドウに配信されたドラえもん画像をレイヤーとして開く

レイヤーとして開く

   レイヤーとして開いた画像

画像の編集

透明度を低くする

透明度を低くすると重ね書きがしやすくなる。

丸い図形を挿入 顔色の設定顔 白

  レイヤー1 ベースになるところ     レイヤー2 ドラえもんの顔

目鼻

レイヤー3 目 コピーして反転の方法もある   レイヤー4 

花の下の正中線を書く口

  レイヤー4 鼻の下の正中線   レイヤー5 口 図形の円形を入れて

   ツールの図形□を使う         不要部分を消しゴムで消す

髭髭の傾斜を描く

  レイヤー6  平行線を作り     髭の傾斜 回転ツールを使い

   レイヤーをコピー。          髭の角度を決める。

   コピーの移動が難しい

     
首輪を作り ドラえもんの画像出来上がり

森田先生配信ドラエモン画像400pixel

ポイント
  
*新しい画像毎にレイヤーを作成し名前を付けておく。

  *一行為は出来るだけ終了させておく。

    後で編集も良いけど面倒である。

  *編集前に必ず 選択・・・選択範囲をパスに。

          編集・・・操作項目確認、範囲を塗りつぶすのか

               パスの境界線を描画するのか確認。

  *コピーレイヤーで図形を移動させる時は必ず選択したものに確実に

    マウスポイントを当てて移動させる。

  *画像や線の消去には消しゴムを注意深く使う。

  *画像の編集を追加するときは必ず レイヤーを選択する。

  *保存 未完成品と完成品の保存方法が違う。(保存/エクスポート)

 

 ◆ 午後の復習時間
 P6010860.jpg

 GIMPイヨイヨ内容が充実してきたました。

 15時まで 復習に余念がありません。

 自宅でも復習をして学習範囲の理解を深めておきましょう。

 ご紹介: [GIMPの使い方] https://synclogue-navi.com/category/gimp

 比較的わかりやすく解説されています。参考にされても良いと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント